2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 母趾は母指にはふつう負けない。 | トップページ | 中村 哲 医師 »

2019年11月25日 (月)

飲み込みづらさのある肩こり?

 肩こりというと、大抵は肩関節の痛みではなく肩甲骨付近や後頚部の痛みを訴える方が多く、整形外科的には肩の疾患ではなく頚椎の疾患などを想定します。

 肩こりを診察する場合、安静時痛や夜間痛や増悪傾向などがないかどうか、神経症状を伴っているかどうかなどに気をつけて診察しています。それほど多くはないのですが、飲み込みづらいという症状を伴っている場合も少し注意が必要です。

 後頚部や肩甲帯の痛みに飲み込みづらさが加わっていて一番心配なのは後咽頭腔という所の感染性疾患などです。歯科領域や耳鼻科領域の感染が広がって生じる場合や、頚椎の化膿性椎間板炎が前方に波及した場合などがありますが、この場合かなり危険なので早くに総合病院での精査加療が必要です。

 強直性脊椎炎や強直性脊椎骨増殖症など脊椎が骨化して固まってくる疾患で、頚椎の前方に大きな骨棘という隆起を生じると、飲み込みづらいと話される方もいます。支障が大きい場合は、骨棘切除という手術となることもあります。

 感染ではないけれど頚椎前方に炎症を生じる疾患もあります。上位頚椎の周囲に石灰が沈着する疾患では、レントゲンでは分かるか分からないかの程度の石灰沈着を生じても頚部が痛くて動かせなかったり、飲み込みづらいという方も居ます。そこまで痛くない方も居て初期診断が難しい方もいますが、この疾患であれば通常の炎症止めで順調に治ることが多いです。

 その他には甲状腺疾患などでも飲み込みづらいという方が居ますが、この場合内分泌内科への紹介が必要となることもあります。

 飲み込みづらいという症状は整形外科には関係ないのではないかと思われている方もいますが、一応受診される時にはお話いただけますと正しい診断に近づくかもしれません。

« 母趾は母指にはふつう負けない。 | トップページ | 中村 哲 医師 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 母趾は母指にはふつう負けない。 | トップページ | 中村 哲 医師 »