2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月27日 (金)

内側半月板後角断裂

 中高年の方が膝関節痛で病院を受診すると、よく「膝がすり減っていますね。」と言われると思います。変形性膝関節症を説明する場合、立位X線撮影で関節の間が減っていることを「すり減っている。」と言うと分かりやすいと思われるため、医師としてもよく言ってしまう言葉です。

 ただ、現実にはすり減っているから痛いということがどの位正しいのかは微妙なところだと思います。ほとんど関節の間がなくなっている方でも、膝は痛くないという方も少なくありません。両膝のレントゲンを比べて、両方同じようにすり減っていても、痛いのは片方ということもよくあります。一方ほとんど関節の間が保たれていても激痛の方もいます。

 膝関節に痛みを生じている時には、すり減っているだけではなくどこかで実際損傷しているか炎症を起こしているかしているのではないかと思います。レントゲンのみではなく、MRIやエコーで観察すると、痛みを生じている原因がよりよく分かる場合もあります。半月板が損傷していたり、軟骨部が損傷していたり、炎症を起こしていたり。時にはレントゲンでは分からない骨の損傷や障害の場合もあります。関節炎では血液検査などが必要になることもあります。

 時々エコーで観ていると内側半月板が内側に外れている方がいます。半月板というのは大腿骨と脛骨の間で接地面の隙間にあり荷重を分散したり安定化したりする大切な役割があります。その半月板が関節の間にないということはやはり関節の障害につながる可能性が高まるものと思います。半月板が内側にずれてしまう原因として、内側半月板後角断裂という疾患があります。

 典型的には受傷時に膝窩にポキッとかビシッとかいう感じで痛みを生じ深く屈曲できないとかいう症状を生じます。半月板はレントゲンでは映らないので、診察とMRI等で診断されます。MRIでも分かりづらいこともあります。中高年の女性で起こることが多く、損傷した半月板をそのままにしていると関節自体のすり減りが進んでしまう恐れがあると言われています。

 治療としては、早期であれば損傷した半月板を内視鏡手術で修復する場合もあります。ただ、疼痛の具合や下肢の角度、年齢、術後松葉杖で荷重を減らすことができるかどうかなど手術適応にはかなり制限もあります。膝自体が内反していると半月板修復の適応は少なくなり、矯正骨切り術という骨の角度を変える手術が行われる場合もあります。

 急に膝を痛めた場合、松葉杖か、せめてT字杖を使うことをお勧めすることがあります。中高年の方では、大抵「杖は嫌」とおっしゃいますが、関節が急速にすり減ってしまったり手術の可能性を考えれば使ってみることも前向きに考えた方がよいかもしれません。そもそも年齢的に松葉杖や杖がうまく使えないということも少なくありませんが、あまりに使えないと諦めざるを得ないです。杖歩行も含めて歩行訓練を理学療法士に依頼することもあります。

 手術を行った方がよい状態の方でも、松葉杖が使えないと手術自体が無理となります。そういう場合は鎮痛剤やリハビリテーションで保存的に治療を行い、将来歩行が困難になったら人工膝関節置換術という方法もあります。

 早期の変形性膝関節症は、もっと細かく診断をしてそれぞれの病態にあった治療を行っていくようにできればよいのですが、一方ではMRIなどは極力必要最小限にしないといけないので、どこまで深く追求すべきか相談しながら診察や治療を行っていければと思います。

 

2020年3月22日 (日)

もみの家

 今週末は「もみの家」という映画を観てきました。時期的に迷ったのですが、もともと混雑するタイプの映画でもなく、映画館はひとつひとつ席が離されていて、まあリスクが高い状況でもなさそうでした。詳しくは検索していただくとして、この舞台になっている富山県で、そのモデルとなっている施設を知っている身として、本当に身につまされる映画でした。その施設はもう何十年も前から素晴らしい取り組みをしてきて、今の時代に本当に必要な場所なのではないかと思います。

 今の子供達、若者達の置かれた状況は息苦しい面が多いのではないかなと思います。少子高齢化、莫大は国債残高、温暖化、グローバル化、格差社会などなど。そんな中、教育も驚くほど時代に逆行していて子供達が耐えられなくなるのはよく理解できます。受験を中心とした勉強というのは、その人の個性や能力を伸ばす訳ではなく、要は受験勉強にどれだけ興味が沸くかどうかを判定しているだけのように思います。人間興味のあることであればすんなり頭に入り記憶できるものです。興味のないことはどんなに頑張っても頭に残らないものです。自分は学校の勉強で困ることはあまりなかったですが、植物の名前などは頭に全然残りません。教育というのは本来、その子の特性を見つけてそこを伸ばしてあげるべきなのに、一律に全てを詰め込もうとするから無理を生じるのではないでしょうか。そもそも集団みんなに同一性を求める事は自由主義社会に馴染まないはずなのに、いったいこの国はどんな主義を採用しているのでしょうか。

 今の教育は、テストの偏差値が標準から2030程度高い位の鈍才が一番心地よい教育になっていて、技術や芸術や調理や、勉強でも狭い領域で特殊な才能のあるようなギフテッドなどの立ち位置がないように思います。別に高い偏差値が必要な大人などわずかしかいないのに、なんでみんな同じ教育をするのでしょうね。偏差値では測れない才能のある子供達が輝き、大人になってもしっかり社会の中で幸せに生きていけるような仕組みを作っていかないといけないのではないかなと思います。

 どんな風に自分らしく生きていくのか。将来に前向きに向き合っていくか。人生難しいことが多いですが、それぞれにとっての最強の世界を見つけてほしいものです。映画を観ていて、もし自分が子供だったら学校に行っているだろうか。今どうすべきなのだろうか。いろいろ考えてしまいました。同じように感じている人がたくさんいる世の中。いろいろ首を突っ込んでいきたいものです。

 

2020年3月18日 (水)

その先を見据えよう

 往診に行く途中、公園で子供達がたくさん集まり肩を寄せ合って遊んでいて、何とも日本のいいかげんさというかおおらかさに微笑ましくなりますね。どこまで外出を禁止すべきか。判断の難しいところですね。最近の情報を少し。新型コロナウイルスのPCR検査は、東京都でものすごく症例を限定して行った結果でも陽性率が5%程度だったそうです。そうすると検査自体にどこまで意味があるのか。PCR検査には偽陰性も少なくないようで、一線の臨床医の判断の方が頼りになるのではないかという気もします。重症症例を選定して集中的な治療を行うという日本のやり方はそれほど間違っていないように思います。日本は病院が多すぎると言われてきましたが、体育館にキャンプ用コットを並べて寝かせられる国と比べてどちらの医療の方がよいのかどうか。もうコットなんだったら自宅のベッドの方がよほどいいような気もしますが。平常時には多すぎるという指摘も間違ってはいないようにも思いますし、今後どんな方向性になるのか収束後の判断が気になります。

 やはり株価が暴落してきましたね。1月頃から予想はできていたと思いますが、今回は感染症なので誰を責めるでもなく、仕方が無いものと思います。感染が世界中で峠を越えるまでは、何ともし難いのではないでしょうか。まあ、ほとんどの人は株は博打だと思っているでしょうから、一般の方が直接被害を受けることはあまりないかもしれませんが、経済的に大混乱することは必至なので間接的な被害は甚大になると思います。今度経済を立て直す段階になったら、もういい加減博打経済から脱出する方向で考えてみてはどうなのでしょうか。現在の天動説レベルの経済学者が国を諮問しているうちはどうにもならないのかもしれませんが。

 とにもかくにも、当面は餓死したり犯罪が激増したりするような最悪な世の中にならないよう、セーフティーネットをしっかり張ることに最大限注力する必要があるように思います。そんな時に、経済対策と言う言葉は使わないでほしいものです。経済対策というのは博打経済という何度も沈む泥船で遊んでいた人達が何とか沈まないようにする対策というようなイメージしかありません。泥船で遊んでいた人達は自力で泳いで岸にたどり着いていただき、しっかり堅実に木の船で頑張っていたのに濁流に巻き込まれた一般人を保護する対策を行うべきだと思います。

 株や紙幣が紙くずになっても人間は死にません。安心とご飯と寝床があれば何とかなるものです。お金で頬を叩いて正気を保たせるようなやり方では無く、衣食住と安心を確保するのが一番なのではないかと思います。

 それこそ子ども食堂のような助け合いの場を大人も子供も使えるようにする(接触しないようにする工夫が必要ですが)とか、せめて米や食べ物は無料で配給する場を作るとか。水道や電気、公的費用は減免するとか。家賃滞納で追い出されることのないようにするとか。要は昔のコミュニティーのような助け合いの場があれば、芋を食ってでも食べていければ、乗り越えられない苦境はないはずです。

もうある程度開き直って、地元の商店で買い物をして、個人の料理店で食べたり出前を取ったり。小さな経済はある程度回さないと。若者の対応と高齢者の対応は異なるでしょうから、やはり高齢者の方々は接触を極力避けた方がよいように思いますが、子供や若者は少し活動してもよいように思います。もしかしたら核家族化が逆によいのかもしれません。今年は空前のアウトドアブームが来るかもしれません。キャンプなどでは感染のリスクは低いはずです。海釣りなども待合室で集まらなければ問題ないでしょう。欧米のように玄関から出てはいけないというようなことをどの位の期間我慢できるのでしょうね。これを機会にゲームとかばかりではなく、子供達をアウトドアの世界に誘導できると不幸中の幸いなのかもしれません。

 日本には優秀は第一次産業の生産者の方々がいます。最終的には自給自足できる国が強いのかもしれません。人間はまだウイルスに打ち勝つことはできません。何とかいなす、はぐらかすといった対応をせざるを得ないのが現実です。結局は人間は土から離れては生きられないんだという。どんな恐ろしい武器を持っても、たくさんのかわいそうなロボットを操っても…。本当に地に根を張った経済学というものを発明してほしいと思います。

 

2020年3月12日 (木)

清潔パニック

診療所の泡ハンドソープ(ミヨシの泡の石鹸使っています)や、アルコール除菌シートを買おうと思ったら案の定品切れでした。

基本的には通常の水での手洗いや掃除で十分と考えているのですが、いつものように買えないこの状況が恐ろしいと思いました。

韓国や中国で消毒する映像をみるのですが、アルコールなのでしょうか。あの量のアルコールを自然に流して、川は大丈夫でしょうか。

意味があるかないか見極めは難しいとは思いますが、パフォーマンスのためにやっている感があるように思います。

確かに水道を見つけることが困難な場合はアルコールで拭くのもありかと思いますが、もしウィルスがいる場合はしょっちゅうやらないと意味がないでしょうし、いなければ何回も拭くことに意味がありませんし。

マスコミでうるさく泡での手洗い、アルコール除菌と言っていますが、できれば流水でしょっちゅう洗うようにとだけ言ってもらいたいです。手荒れてしまうので。

外から帰った時やごはん食べる前に流水で手を洗う、手を口の近くにもっていかないぐらいでいいのではないでしょうか。

調べられないだけで、潜在的なコロナウィルス患者は大勢いる可能性があると思います。ほとんどの方は無症状か普通の風邪症状なのだと思います。

パフォーマンスのための清潔行動は何も知らない人がやらなければならないものと思い、パニックになるのでやめてほしいと思います。

2020年3月11日 (水)

手荒れについて

このコロナウィルス騒ぎで手洗い、うがいの励行がまるで脅迫概念のようになり、しょっちゅう石鹸しかも殺菌力のある石鹸を手首まで洗い、アルコール消毒をする方が大勢いらっしゃいます。

それで結局手が荒れ放題になり、かゆみと痛みで我慢ならなくなり、皮膚科に来院されます。

いくら洗っても手が荒れない方はその通りにされてもかまいませんが、荒れる方は話が違います。

手が荒れると荒れた部位や浸出液でかえって黄色ブドウ球菌などが繁殖しやすくなりますし、ウィルスも皮膚の表面に凸凹があれば、トラップされやすくなるでしょう。

荒れる方は水洗いで十分、いやむしろ水洗いにすべきです。アルコール消毒も乾燥して亀裂が入り、さらに荒れるので、無理です。

よく水で洗うだけで90パーセント以上が落ちます。

また、うがいもイソジンを使わず、水道水の方がよいといわれています。粘膜が荒れる場合があるからです。

手が荒れる方は少なくとも石鹸、アルコール消毒はやめ、水洗いを励行してください。それで十分です。

殺菌作用のある石鹸はよりかぶれやすいこともよくあります。どうしても石鹸つかいたいときは無添加のせっけんにしてください。荒れている場合はそれも使わないでください。

ちなみに手が荒れている方は体も石鹸をつけて洗う必要はありません。シャンプーもなしで大丈夫です。(手が荒れる方はおそらく乾燥肌で皮膚が弱いからです)

手が荒れたら手にあらゆる泡をつけないようにしてください。

 

 

 

2020年3月10日 (火)

SDGsとiMiEV

 昨今SDGsというワードが流行っていますね。この流れはいつ頃から始まったのでしょうか。持続可能な世の中を作るということは、本来日本人の最も得意な分野だったはずです。多様性の問題も、日本人は元々かなり寛容な集まりだったはずです。いったいいつの間にこんなにSDGs後進国になってしまったのでしょうね。

 少なくとも2011年の頃、多くの人が持続可能な世の中を模索したのではないでしょうか。我が家もその後色々試行錯誤しています。そんなこんなをこのブログにも少しずつ書いていこうかと思います。

 まずは、iMiEVという車です。iMiEVという車は2009年に販売が開始された電気自動車で、今でも4人乗りの軽自動車でEVを探すと、他に候補がほとんどないのではないかと思います。ものすごく先進的な製品だと思います。そのまま国も再生可能エネルギーやEVへ舵を切っていれば今頃世界中から尊敬される国になっていたかもしれません。まあ出る杭は打たれるようでEVを推進する会社はどうもその後が危ういようですが。

 我が家では2011年以降、まず太陽光発電を設置して、iMiEVを購入することにしました。航続距離が短いのが欠点ですが、まだ他に買い換えられる車が出ないのでそのまま乗っています。自宅で充電できるのでガソリンを入れ替えたりする手間がなく、便利です。LEAFはいいのですが、やや横幅が大きいですね。往診用にコムスを買ってみましたが、さすがにがんばり坂の途中で止まったら登れなくなってしまった恐怖体験があり、丘陵地では実用性がないと判断しました。もう一台往診に旧型smartEVを使っています。日本製でないのが残念ですが。剛性感も航続距離もiMiEVより優れていますね。往診用としてはやや大きすぎるのと、家庭用には2人乗りなので需要は乏しそうですが。

 ちなみに自転車通勤しているのも、健康のためと省エネのためです。雨の日の自転車は辛いのではないかと思う方も少なくないと思いますが、雨の匂いとかパラパラと雨合羽上で体に雨粒が当たる感覚は何ともエモイように思います。近距離移動にはもっと自転車が普及するとよいのになと思います。最近の電動自転車であればこの辺の坂道も座ったまま漕げますよ。

 これからしばらく不況になることは避けられないと思いますが、2011後にできなかった変革を起こして、この際大量生産大量消費とか株価中心の博打経済学とか、カジノ等の依存症ビジネスとか、本当にガラッと変えていくきっかけにしてみてはどうなのでしょうか。

2020年3月 3日 (火)

天頂を眺められますか?

 昨今新型コロナウイルスの話題ばかりです。誰にとっても初めての機会であり、右往左往するのは仕方がないと思います。誰が何を言っても行ってもある程度間違っているのは仕方のないことだろうと思いますが、批判している側も後になって批判される立場になっているかもしれません。現状インフルエンザ等が流行っている時に流行が拡大しないようにするのと同じことを自分なりに考えて行動するしかないのかなと思います。あまりに出歩かないと飲食店とか小さな商店が潰れてしまうので、その辺をどうするかとかも心配ですが。

 他の話もした方がよいかなと思い、いろいろ雑談をしてみましょう。 

 立ったまま天頂を真正面に見ることができるでしょうか?

 子供がまだ小さい頃、横向きになって首を仰け反って首を90°背屈して寝ている姿を見て、まるで天頂を眺めるようだなと思っていました。なんでこんな格好で寝るのだろうかと。

 人間が二足歩行をするようになり、重たい頭部を支えて立位を保ったり歩行したりするために背骨は微妙な弯曲を描いてバランスを取っています。頚椎は前に凸(前弯)、胸椎は後ろに凸(後弯)、腰椎は前に凸(前弯)になっていて周囲にダンパーのような筋肉がたくさん付いて姿勢を保持しています。

 慢性的に肩こりを訴える方のレントゲンを撮ると、やはり頚椎がまっすぐになっていたり、後ろに凸になっていたりすることが多いように思います。中には胸椎や腰椎がまっすぐになっている方もいます。さらには腰椎が後ろに凸になっている方さえいます。肩こりや腰痛を防ぎ、高齢になってからも歩いたり日常生活を自立して過ごすようにするためには脊椎のアライメントを保つことは大切だなと思います。

 脊椎の正常なカーブ(アライメント)が保たれていないと、姿勢を保持するために周囲の筋肉や筋に無理な負荷がかかり続けるでしょう。痛みや凝りといった症状が出てもおかしくはありません。また、90歳を過ぎても歩いて通院するような方は、背筋が伸びてよい姿勢の方が多いものです。

 脊椎のアライメントが不良となる原因としては、椎間板のある椎体の間がすり減ってくる変形性脊椎症が多いかなと思います。高齢になり脊椎が潰れてしまう圧迫骨折を生じると一気にその部分で後ろに凸の変形を生じます。疼痛等の自覚に乏しくいつの間にか潰れている方も少なくないので、本当は骨粗鬆症検診などを行って最初の圧迫骨折を防ぐようにすると、高齢者の腰痛等がかなり防げるのではないかなと思います。強直性脊椎骨増殖症といって脊椎が骨の架橋によってくっついてくる疾患もあります。最近、低リン血症など骨化する原因となりそうな因子が様々見つかってきていますが、現状は防ぐことも治すことも困難です。固まった脊椎の部位は動かず、胸椎などがまっすぐに近い位置で固まっている方も少なくありません。股関節や膝関節が悪くきちんと垂直に立てないと骨盤側で代償して傾斜します。そうすると脊椎のバランスも乱れてしまい、足の疾患で肩こりや腰痛を起こしている方もいます。肥満が強くても重心を取るバランスが通常からずれているかもしれません。下肢の関節に無理がかかるか、脊椎に負荷がかかるかいずれにしても良いことはないでしょう。

 あくまで自分の想像ですが、小さい子供が寝る時に首を最大限後ろに反らすのは、起きている間、下を見ておもちゃなどで遊んでいることが多いので、寝ている間に上を見て頚椎周囲の緊張などバランスを取っているのかもしれないなと思います。

 少し肩こりを感じた時に、子供を真似て横向きで思い切り天頂を見上げるように上を向いて寝てみたりしています。この姿勢だと頚椎は最大限前弯しているはずです。腰が重い時には、腰椎を背屈するようなストレッチをしたりもしています。頚椎が前弯になる姿勢、胸椎が後弯になる姿勢、腰椎が前弯になる姿勢を生活に取り入れるようにしてみるとよいかもしれません。

 骨化しているような方は動かそうとしても動かないので無理しない方がよいです。また脊柱管狭窄症といって、脊椎のトンネルを走る神経の通り道が狭い方は、背屈するとさらに神経の通路が狭くなり症状が悪化する可能性があるので注意が必要です。心配のある方はきちんと診断し必要により理学療法士にどんなストレッチや運動をすればよいか指導してもらうとよいと思います。

 肩こりや腰痛の有症状率は非常に高いです。マッサージなどが気に入っている方も多いと思いますが、人にほぐしてもらうことはある意味他力本願で、ほぐす系のマッサージではアライメントは改善しないかもしれません。できればストレッチや運動を取り入れて自力で維持した方がよいのではないかなと思います。

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »