2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 内側半月板後角断裂 | トップページ | 金だわしとタワシとヘチマと豚毛 »

2020年4月 9日 (木)

竹槍の二等兵

 緊急事態宣言が出た割にはあまり変わらない町の姿に驚きますね。日本人は逆にマスクを信頼しすぎなのでは?と思います。マスクしていれば人と会ったり会話をしても大丈夫だと思っていないでしょうか。多くの医師は普通のマスクはお守り程度にしか思っていないように思います。

 これが大本営発表というものでしょうか。メディアでは感染者数を欧米と比較した報道を続けていますが、そもそも現在メディアで報道している日本の感染者数というものは、感染者数ではありません。あくまでPCR検査陽性者数はずです。日本では検査実施自体を絞り込んでいるので、日本の数値を海外の数値と比較することはできません。

 日本の死亡者数も、当てにできないと思います。例えばインフルエンザでも毎年数千人以上亡くなっているはずです月に千人以上亡くなっているのではないでしょうか。インフルエンザ流行期と比べて遥かに死亡者が少ないということなのでしょうか?もしかすると本当にそうなのかもしれませんが。

 東京で患者数が最近増えている棒グラフが示されていますが、最近PCR検査が以前より多少多くできるようになりました。検査可能件数が二桁から三桁に増えたという感じでしょうか。感染が拡大しているとしたら感染というのは指数関数的に増えていくものです。日本では1月頃から感染が始まり、もう4月です。患者数が実際増えている分と、検査可能件数が増えている分と、要素としてどのくらいの比率なのでしょうね。

 メディアではPCR検査をどんどん行うように言う方も多いですが、PCR検査が何故増えないのか。検査体制を整えても、いろいろな理由で現状検査件数は増やせません。ひとつには検査で陽性になると全員病院へ入院させないといけないので病床を準備できないからです。検査をするのに鼻咽頭から検体を採取する時が一番感染リスクが高い訳で、防護服が医療機関にも入ってこないので検査出来る体制を構築できません。

 病院の病床がパンクしそうだという報道ですが、まだ無症状者でも入院させているのですから病床がいっぱいになるのは当たり前です。基幹病院のICUが大変だということですが、それより規模の小さな一般病院も隔離体制や人材面、経営面で十分な支援を保証しないことに受け入れることはできないのではないでしょうか。なので現状高度救急を持つ病院ばかりが対応することになり、基幹病院が逼迫してゆく一方です。中等症を受け入れる病院をきちんと支援しないと、外来と高度救急のみでの対応が続くことになってしまいそうです。

 何か作戦として成り立っていない我が国の現状が悲しい限りです。もしPCR検査を増やすなら、順番として、軽症者は自宅待機か自宅に高齢者等がいる人用の施設をまず整備する。中等症者に対応する病院は、金銭的にも人材的にも十分支援してコロナウイルス対応病院、もしくは病棟を整備する。もう蔓延期に入っている現状でPCR検査を大幅に増やそうというのであれば、ドライブスルー式の発熱外来を至急整えてマスクや防護服を充分量投入する。以上のような検査陽性者が大幅に増えた場合でも適切に振り分けて対応できる体制を整備した上で、検査数を増やすという順番が必要です。

そもそもこれからPCR検査を増やすことにどれだけ意味があるのか自体よく検討する必要があります。検査を徹底するなら最初からしないと。イタリアでは棺を乗せた軍用車が列を作る映像。アメリカでは臨時の遺体安置所を設営する映像。一方日本では診療所レベルには死亡者が激増しているという話は入ってきません。欧米と日本でウイルスの株が違うのか?欧米人と日本人で抵抗力や死亡率が違うのか?明らかに欧米と日本とでは様相が異なります。もう欧米の真似して政策を組み立てることはできないのは明白です。もう蔓延期にある日本の状況を冷静に観察、分析し日本としてどうするのか作戦を立て実行することが求められています。本気のトリアージを導入することも視野に入ってきているのかもしれません。

 病院では2類感染症扱いとなっていますが、診療所では発熱や咳の患者さんもマスク程度で通常通り診察してくださいとのお達しが。重症肺炎以外は診療所で診るようにと。同じウイルスでも診療所は5類感染症ということなのでしょうか。ウイルスの感染は、軽症者や中等症者からは起こらないという訳ではありません。現状病院は不沈艦大和扱いのようになっているのだとしたら、診療所は戦地の歩兵扱いなのかもしれません。この艦だけは総力を挙げて死守しなければ。最前線の二等兵には装備配給や援護射撃はできないから竹槍で突っ込めという指令なのでしょうか。もう正直、診療所レベルの医師は抗体を持っているような気もしますが。

 近年にない緊急事態であることは間違いありません。竹槍でどう戦うか。ゲリラ戦でもなんでもこの国を維持する為に自分のできることをしていきたいと思いますが、現状診療所レベルではPCR検査の依頼もできず、根治的な治療もできません。直接入院をお願いすることもできません。新型コロナウイルス感染症を疑う症状のある方は、まず電話でご相談ください。時間、空間等を分けて診療は行いますが、現状では診療所も保健所等に指示を仰ぐ程度しか出来ないことはご理解いただけますと幸いです。

« 内側半月板後角断裂 | トップページ | 金だわしとタワシとヘチマと豚毛 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 内側半月板後角断裂 | トップページ | 金だわしとタワシとヘチマと豚毛 »