2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« バッシング待ち? | トップページ | 火事の見物人に放水 »

2020年5月31日 (日)

甲状腺と整形外科

 甲状腺は首の前やや下に存在する内分泌器官です。簡単に言うと、甲状腺ホルモンが出すぎると代謝が活発になり、発汗したり脈が不整になったり、消耗して痩せてきたりします。目が突出してくるのが有名かもしれませんね。逆に甲状腺ホルモンが減少すると、疲れやすかったり浮腫んできたりします。

 整形外科ですと、首の診察をしているとき腫れている方を観ると気になります。腫大しているだけでホルモンの異常がないと大きな支障はないのですが、1度内分泌内科を受診して評価してもらった方が安全かと思います。

 甲状腺と整形外科疾患ですと、関節リウマチに甲状腺疾患が併発したりすることが知られています。甲状腺疾患で節々が痛い方もいます。関節リウマチの診断をする時に甲状腺についても考慮する必要があるかもしれません。

 また、手足が痙るとか、手の脱力感などの症状では、周期性四肢麻痺という病態があります。血中のカリウムが低値となり力が入らないという症状を呈することがあります。脊椎疾患での脱力などと印象が異なりますが、採血して初めて診断できる場合もあり早期での診断は難しいところです。

 足が腫れているという時に、皮膚を押してゆっくり回復するような浮腫の場合などは甲状腺機能低下症があり得ます。神経反射を見た時に、元の位置に戻るのが遅いなどの場合には、甲状腺機能低下症などにも気づければよいのかもしれません。

 甲状腺機能が亢進していると、骨粗鬆症になる場合もあります。甲状腺の脇に副甲状腺という内分泌器官もあり、こちらが血液中のカルシウム濃度を調整しており、副甲状腺機能亢進症でも骨粗鬆症となります。なので骨粗鬆症の診断ではカルシウム濃度なども測定する方が万全です。

 甲状腺疾患を専門としているのは内分泌内科で、専門医が少なく、また本当に甲状腺に特化して診療している場合が多く、半年や年に1回受診するという場合も少なくありません。なかなか病診連携の難しい領域です。これからネット上の診療も増えていくのでますますどう連携していくべきなのか模索していかないといけないのかもしれません。

 甲状腺は実際に大きさが体表から分かり、触診できる内分泌疾患です。首の前が腫れぼったくないかどうか時にチェックしてみるといいかもしれません。

« バッシング待ち? | トップページ | 火事の見物人に放水 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バッシング待ち? | トップページ | 火事の見物人に放水 »