2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月16日 (日)

もう飽きてきた

 新型コロナウイルス騒ぎには、もう飽き飽きしたという方が少なくないのではないでしょうか。新型コロナウイルスの問題はまだしばらく収まらないと思いますが、日本での状況や経過はもう総括可能かと思います。

 結局日本ではPCR検査を諸外国並みに増やすことも出来ず、診療上必要な最小限に減らすことも出来ず、一般市民はなんとなく自粛してなんとなく活動し、衣食住に困窮する方が増える一方株等で好景気の方もいて、全てがあやふやなまま進んでいき、収束してからもメディアでは賛否両論で議論好きの方々がいろいろ語るのでしょうね。

 COVID19のワクチン開発が急ピッチで進められていますが、早く感染予防ができるように急いでいるのか、早く開発しないと感染が収束に向かってしまうから急いでいるのか。もう外国企業と提供契約をしてしまった以上、どうなっても購入することになるのでしょうね。

 病院の病床が切迫するという話も、元気な若者がベッドで暇を持て余している様子を完全防護で疲弊した医師や看護師が見守っているというチャップリンの喜劇のような状況もどうにもならず、人生の終焉をどうするのか何も決まっていない国では人がどんな理由で亡くなることを最も避けるべきかということも、すべての物事を曖昧にやり過ごすしかないのでしょう。

 あまりに閑散とした交通機関とか街とか、どんどん増えていく空き店舗などを見ていると社会全般の今後が心配になりますが、どうか生活に困窮したり心身を病んだりして亡くなる方がCOVID19で亡くなる方より多くならないよう願うばかりです。

 結局、日本人は議論や会議というものが仕事ではないということを分かっていないことが致命的なのだと思います。議論や会議を何万時間やったところで何の意味もありません。議論や会議というものはあくまで仕事の準備のはずです。で、実際何が決まってどう実行されるかが仕事な訳で。しっかり決められる人が居て、それを実行可能な形で戦略にまとめられる人が居て、それを実行できる人が居なければ、きちんとしたことは何もできないことでしょう。日本には、言われたことをしっかり実行できる人はたくさんいるのではないかと思います。上の二人が決定的に欠けている。それは昔からずっとなのかもしれませんが。

 先の大戦でも、戦地では「この作戦じゃダメじゃね?」と思っていた兵士も少なくなかったのではないでしょうか。今でも現場では「この作戦じゃダメじゃね?」と思いつつ、できることに最善を尽くすしかないのかもしれません。

2020年8月 2日 (日)

夏の間、外出時人混み以外ではマスクを外すのが基本です。

 梅雨明けしました。空が高くて蝉が鳴いていて、少し気が晴れますね。今日も外出をしている時気になったのですが、ポツンと一人で歩いている方でもマスクをしている方が少なくないですね。マスクをしていないと怒られそうな雰囲気ですが、逆に外でマスクをしている人を見たら大丈夫なのか心配した方がよいかもしれません。

 今年はすでに熱中症での救急受診が例年より増えているという話しもあります。夏の間は外ではマスクを外すのが基本です。人混みの中や、お店の中でだけマスクをするようにしないと、熱中症の危険があります。特に子供は、登下校の際も基本マスクはしないことが推奨されています。救急病院などのことを想うのであれば、熱中症を減らすこともしっかり考えないといけません。

 新型コロナウイルス対策も、誤解している方が少なくないのかもしれませんが、消毒することより遮蔽板を設置することより、はるかに外気との十分な換気が大切です。お店を選ぶ時には、窓が開いているかどうかなど、換気の状態をまず確認するとよいかもしれません。夏の間は、本当はテラスや屋台での飲食から広められればいいのではないかと思います。ライブも、ライブハウスで人数を半分にして再開するより、野外ライブから始めたらどうなのかと思います。

 PCR検査をどんどん増やせという議論がありますが、現状の日本ではPCR検査に出動しているのは医師や看護師です。PCR陽性者の待機ホテルにも医師や看護師が出動しています。これらを今のやり方でどんどん増やすためには、医療機関を休んでPCR検査センターや待機ホテルへ出動する医師や看護師を増やさなければいけません。政財界やメディアの方々は自分たちはテレワークしてリスクは避けたいけど、医療関係者はさらに過重労働しろということなのでしょうかね。

 もし本当に諸外国並に増やすなら、検体採取は医師や看護師以外の人達を短時間研修して行うようにするか、唾液を医療機関以外で自己採取して行うかなど具体的は方法の変更が必要です。

 海外のまねではなく、日本の現状をきちんと分析して作戦を立てられる人はどこにもいないのでしょうか。

 どんなに気をつけていても、もう誰が感染してもおかしくはありません。臨床的にはPCR検査は結果が出るまで12日かかりますし、陽性率は6070%なので、入院時の検査以外は増やしても増やさなくてもどちらでも対応は可能かと思います。この国には全体でどんな作戦でどのようにそれを実行するか決断するリーダーがいないことがもどかしくて仕方ありませんね。

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »