2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月18日 (水)

今年は受診前の「早めの総合感冒薬」はなしで

 秋になると、製薬各社から「風邪はひき始めが肝心」とか「風邪を引いたら早めに~~」などというコマーシャルが大量に流れますね。

 今年は特に、新型コロナウイルスが流行しており、初期症状では普通の感冒なのか、新型コロナウイルス感染症なのか判断することが困難な状況となっています。受診前に総合感冒薬を飲んでしまうと大抵解熱剤が入っているため、発熱や症状が隠されてしまい適切な隔離や診察ができなくなってしまいます。現在診療所玄関で体温測定していますが、解熱していてそのまま一般待合室に入って待ってしまうことになるかもしれません。自宅でそのまま様子を見る場合は総合感冒薬を自己判断で使用されても構いませんが、受診前には内服しないようにお願いいたします。

 カロナールやロキソニンなどの鎮痛剤も同様に熱が下がりますので、注意が必要です。普段から痛み止めとしてこれらの薬を内服している方は、体調が悪く受診する場合に考慮が必要です。必ずお電話していただいてからご来院ください。

 因みに、多剤併用薬を感冒で使うべきかどうかはCMに流されることなくよく考えた方がよいのかなとも思います。

2020年11月13日 (金)

乾燥の季節です。かゆくありませんか?

乾燥の季節がやってきました。乾燥でかゆくあり受診する方が増えています。

受診する前に一度確認しましょう。

石鹸は使っていませんか?

界面活性剤は皮膚のバリアを壊します。お湯で洗うのみで十分です。それでも乾燥するくらいです。石鹸つかって保湿剤ぬるのは非常に無駄です。

綿を着ていますか?

化学繊維はかゆくなります。起毛やフリース、ヒートテックなどが肌にあたっていませんか?パジャマを暖かい化学繊維のものにしていませんか?

シーツ、毛布は化学繊維ではないですか?首元、手首などは大丈夫でしょうか。

肌にあたる部分は綿もしくは絹(これは高いので現実的ではありません)にしましょう。

洗濯洗剤は石鹸洗剤にしていますか?

夏場は合成洗剤でなんともなくても、敏感肌の方は特に冬場はせっけん洗剤やせめてさらさなどの肌にやさしい洗剤にしましょう。もしくはせんたくまぐちゃんなどをつかって洗剤自体使わない手もありますね。柔軟剤も場合によってかゆくなります。

それでも乾燥する方はごく薄くワセリンなどを塗ってみてください。赤くかゆい場合には受診してください。ステロイド外用などで炎症を早く収めた方が、長引かないと思います。

2020年11月11日 (水)

この時期、無防備に公園遊び、草むしり、庭いじりは禁物です。

寒くなってきましたね。そろそろ草も枯れ始め、庭の手入れをしたくなる時期です。寒いですが、おひさまが当たる昼間は運動にはちょうど良い時期です。公園へいきたくなりますね。

でも、ご注意ください。虫がいます。蚊もいます。水場の近くではブヨやヌカカもいます。

刺されると夏場にさされるより非常に腫れます。水疱になったり、浸出液がでたり、腫れすぎて痛みがでたりします。

むやみに草むらに入らないでください。靴下、長ズボンにしてください。

草むしりをする場合は顔に網をかけて、足元は長靴にしてください。

毎日5人以上さされて受診しています。

刺されてしまったら、腫れがひどかったら早めに強めのステロイドを使って早く治す方が、長引かないと思います。放っておくと半年かゆい目にあいます。受診を早々にしてください。

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »