2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 新型コロナウイルスワクチンの個人的現状把握 | トップページ | 花粉皮膚炎 »

2021年2月20日 (土)

骨密度測定装置を最新型に更新しました。

 当院では腰椎と大腿骨でのDEXA法にて骨密度を測定してきましたが、今回最新型に機種更新を行いました。従来の機種に比べると、測定時間が劇的に早くなりました。測定自体は数分以内に終わります。また、従来機種では腰椎と大腿骨しか測定できませんでしたが、新しい機種は前腕でも骨密度が測定できるようになりました。他院で骨粗鬆症の検査や治療をしている方では、前腕で骨密度を測定していた方も多く、比較できるようになりました。腰椎、大腿骨の骨密度と前腕の骨密度は骨粗鬆症の程度が異なることも少なくないため、いずれかで骨密度が減少していると骨粗鬆症の診断になります。前腕の骨密度では治療効果判定はできないため、治療継続中の方は基本従来通り腰椎と大腿骨で測定するのが主となります。

 骨粗鬆症は内科の先生等にまだまだ軽視されることも多く、歯科の先生からは治療薬を嫌がられることも少なくないですが、年齢を重ねても歩いたり活動性を維持したりするためにはどうしても骨がしっかりしていることが根幹になります。骨粗鬆症治療の進んでいる欧米では高齢者の骨折も減少傾向にあったりしますが、日本ではなかなか治療の進まない現状は、何とかしたいところです。

« 新型コロナウイルスワクチンの個人的現状把握 | トップページ | 花粉皮膚炎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウイルスワクチンの個人的現状把握 | トップページ | 花粉皮膚炎 »