2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 最近の行き過ぎた抗菌、除菌グッズは害悪 | トップページ | 2021年末 »

2021年11月15日 (月)

この時期のむしさされ

実は毎日むしさされの患者さんがいらっしゃっています。最近では平均10人弱でしょうか。

温暖化のためか日中20度になることも多いので、虫は全くいなくなってくれません。

患者さんには言っておりますが、今虫がいないのは1月ぐらいかもしれません。今年もし暖冬なら1年じゅういなくならないかもしれません。

恐ろしいことですが・・・

普通の蚊もいるようですが、それよりも最近多いのはヌカカです。1,2ミリの極小さい蚊で昔は水辺にしかいなかったようですが、最近はこの鶴川かいわい、能ヶ谷、大蔵、岡上、真光寺・・・どこにでもおり、かつ庭、公園にもいるようです。

小さいので長いズボンをはいていても入ってきます。

庭で草むしりするのなら、長靴を。小さい虫が顔のまわりによって来ませんか?顔にも頭からすっぽりかぶる網をホームセンターでお買い求めください。必ずかぶって草むしりしてください。すこしだから、と無防備で草むしりすると刺されます。

瞼周囲を刺されると、翌日目が腫れ見にくくなるほどになります。

ぼーっと公園で立っていませんか?道端で長話していませんか?草地が近くにあると刺されますよ!!

もし刺されてその後腫れがひどかったら来院してください。強いステロイド(市販のでは弱すぎます)をすぐにしっかり1週間ほどぬって早期に直しましょう。

かきむしって1か月後に治らないからと来院されますと、非常に治りが悪くなります。この時期のむしさされで腫れたらすぐ来院してください。

 

« 最近の行き過ぎた抗菌、除菌グッズは害悪 | トップページ | 2021年末 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近の行き過ぎた抗菌、除菌グッズは害悪 | トップページ | 2021年末 »