2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 戦時の科学者 | トップページ | アキレス腱付着部症 »

2022年1月29日 (土)

かかりつけ医とは何か

 COVID19の前から疑問を抱いているのですが、日本の医療制度下で、「かかりつけ医」という言葉を使う時、それは何を意味しているのでしょうか。

 諸外国の何かあったら最初に相談する総合的な診察をする家庭医的な意味で使っているのであれば、基本的に日本ではかかりつけ医制度は採用されていません。

 以下のような場合、かかりつけ医というのはどの医師のことなのでしょうか。

 3ヶ月に1回程度、大学病院や有名病院を含む基幹病院に定期的に通院し、体調が悪くなったり怪我をした時だけ診療所を受診するという方は少なくありません。その場合、かかりつけ医は病院の医師と診療所の医師とどちらなのでしょうか。普通に考えれば臨時でたまにしか受診しない医師より、定期的に診察している医師がかかりつけ医なのではないでしょうか。

 専門医の専門性もどんどん細分化しており、内科では各臓器や疾患毎、整形外科でも関節毎になっており、高齢者などは内科で複数科を受診し、整形外科でも脊椎と膝と違う病院に通院していたりします。例えば高血圧と糖尿病と便秘を別々の医師が診察している時には、かかりつけ医は何科の医師が受け持つのでしょうか。

 整形外科でも腰椎はA病院、膝関節はB病院に定期的に通院しているという方が、足が痛いということで診療所に来院されます。定期的に病院でレントゲンを行われているのに、痛くなったら近くのかかりつけ医に診て貰うよう言われたという方もいますが、初診でかかりつけ医と言えるのでしょうか。

 こういう事例もあります。内科に月に1回通院しているけれど、動けなくなってきたことは内科では分からないと言われて整形外科へ介護保険主治医意見書記載希望で受診される方もいます。そうすると整形外科へは介護保険の申請や更新の時に主治医意見書記載のためだけに受診されるということもあります。いつも病院に通院している方に初めて会って主治医意見書を依頼されて、記載するのが正しいのかどうか。23年に1回診察して、かかりつけ医ということでいつもの様子を記載することができるのかどうか。

 「かかりつけ医」という言葉は、それぞれの立場で都合良く使われています。なのでそれぞれの立場で想定している医師像が異なります。病院の専門医は、「近所の医師」という意味で使っているものと思います。別に普段診察しているかどうかは気にしていないのでしょう。厚生労働省は、「その相談に乗ってくれる医師」という意味のことが多いように思います。大学病院の医師でも診療所の医師でも問題が解決されればよいのでしょう。市役所でも、いつも診察しているかどうかは気にしていません。初めて会う方に主治医意見書を記載しても何の問題もありません。一般の医師の間では、自分の専門領域については自分がかかりつけ医だけれど、それ以外のことについては自分はかかりつけ医ではない、と思っている方も少なくないように思います。

 コロナ禍の現在、かかりつけ医に相談するよう国などは言いますが、診療検査実施医療機関マップというものがネット上に公開されている中で、一般内科の登録の少なさはいかがなものかと思います。

 諸外国のように、何でもまず相談する家庭医という存在が日本にはほぼいないので、かかりつけ医と言う言葉を日本で使う人は、どういう意味で使うのか少し考えてみる必要があります。

 誰か近所の方々が家庭医のように相談できる診療所というコンセプトで一緒に働いてくれる医師はいないものでしょうか。実は現在絶賛募集中です。

 

« 戦時の科学者 | トップページ | アキレス腱付着部症 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦時の科学者 | トップページ | アキレス腱付着部症 »