2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 痛覚の老化? | トップページ | 香害 »

2022年6月23日 (木)

官房長官とマスク

 6月も後半になり蒸し暑くなってきました。熱中症の危険性が高まる中、子供の登下校ではマスクを外すよう文科省や小児科医会等が通知を出し呼びかけていますが、まだほとんどの子供が登下校時にマスクをしている状況が続いています。

 そもそも5月の連休後、屋外ではマスク不要と官房長官が発表しました。なんで厚生労働大臣でもコロナ担当でもなく官房長官が発表したのだろうかと疑問に思ったものです。そこには政府の浅い思惑が透けて見えて辟易とします。

 官房長官がマスク不要と言っても、ほとんどの人はどの程度それに従って良いのか分からないでしょう。つまり「実効性はないけれど発表はした」というバランスが必要だったのでしょう。もし実効性を伴って多くの方がマスクを外し感染が再拡大したら批判が起こるでしょう。多くの方がそのままマスクを続け、熱中症が多発したとしても「言うことは言った」という事実があれば批判をかわせるでしょう。なので「実効性はなく発表はした」という案配がちょうど良かったのだと思います。

 そもそもコロナウイルスがまだ致死率の高い新型インフルエンザ等と同じ2類感染症の扱いになっている中で、ある程度の流行は許容するという発想からして理解しがたいものがありますが、飲食店の店内で多くの方々がマスクをせずに談笑しているのにお店から出るとマスクを付けて歩くという景色は、チャップリンの映画を観ているようです。

 7月の選挙が終わるまでは政府はキチンとした対応はしないことでしょう。メディアも子供のマスクを外すことを強力に促すような報道はできないのではないでしょうか。今週末は30℃を越えるようになるようです。7月上旬も厳しい暑さになるかもしれません。子供も大人も健康のためにマスクをした方がよいのかしない方がよいのか。もうこの国では政府にもメディアにも頼らずに判断していくしかないのかもしれません。マスクをした人が行き交う中で自分からマスクを外すことは多少勇気がいるかもしれませんが、この国では誰かが外していかないといつまでも変わらないかもしれません。そもそも道を歩く大人がマスクをしているのに、それを見ている子供に先にマスクを外す勇気が出るのでしょうか。

 外出中、人との距離2mなどと言わずもうマスクは外して歩いてはどうでしょうか。

« 痛覚の老化? | トップページ | 香害 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 痛覚の老化? | トップページ | 香害 »