2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 祭事とフェス | トップページ | 便利な社会と運動機能 »

2023年5月27日 (土)

ダイエットで骨折

 糖尿病等の生活習慣病の方は内科の先生などにダイエットのため運動を勧められると思います。それは非常によいことなのですが、整形外科の診療所にはダイエットのために運動を始めたところ骨折した、という方が時々来院されます。

 ダイエットのためにジョギングをしたら脛骨骨挫傷、筋トレしたら腰椎圧迫骨折、エアロビしたら肋骨骨折、踵落とし体操をしたら踵骨骨挫傷などなど。

 特に閉経後の女性がずっと運動していなかった状態から運動を始める前には骨粗鬆症がないかどうかを確認した方がよいのではないかと思います。ひとつ注意が必要なのは、生活習慣病の方は変形性腰椎症や脊椎の骨化、変形性関節症等を生じていることが多く、骨密度を測定しても低くない場合が少なくないことです。生活習慣病等の場合、骨密度が低くなくても骨質が低下しており骨折しやすくなっていることもあります。なので骨密度を測定して正常範囲であっても運動して骨折する方もいます。そういう場合、脆弱性骨折と言って骨密度が高値でも骨粗鬆症と診断されます。整形外科医であれば、X-Pで脊椎や四肢の骨を見れば骨粗鬆症かどうかはある程度判断できます。そうすると骨密度が高値でも骨粗鬆症の治療を開始する場合もあります。

 ダイエット前に全員骨粗鬆症かどうか調べるのかと言われると現実的ではないものと思います。そもそも、運動で痩せようというのは無理があるのではないかと思います。運動して消費カロリーを計算してがっかりした方は少なくないと思いますが、素人の運動での消費カロリーなど間食したり晩酌してしまったら摂取カロリーに勝つことは容易ではありません。現代人に節制を求めてもほとんど無理なのでしょうが。

 まずは食事や飲み物、間食などを見直し、運動としては衝撃の加わりにくいものから始めるとよいのではないかと思います。ジョギングよりウォーキング、エアロビクスよりヨガなど。踵落としの前に軽く足踏みなど。自転車漕ぎや水中歩行などもよいかもしれません。体を運動に慣らす段階を経てから強度を上げていくことをお勧めします。

 毎日圧迫骨折や脆弱性骨折の方々にお会いしていると、これから高齢化がさらに進んだ社会が本当に恐ろしい気がします。特に女性では半数以上の方が70代で骨粗鬆症になるのに、検診する機会はありません。多くの場合骨折して初めて骨粗鬆症と診断されます。検診はメジャー科のものなのでこれからも毎年コレステロールなど測定し続けるのでしょうが、時代に合っていないなと思います。

 孫を抱っこしようとしたら腰痛、縄跳びしたら腰痛、衣替えしようとしたら腰痛。40~50代の方が親を介護しようとしたら腰痛。その腰痛は圧迫骨折かもしれませんよ。脅かすつもりもありませんが。

« 祭事とフェス | トップページ | 便利な社会と運動機能 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祭事とフェス | トップページ | 便利な社会と運動機能 »